第二新卒におすすめの転職エージェント14選!比較一覧も


一度は就職したものの、希望とは異なる職務内容や、スキルアップを理由に入社後1年から3年程度未満で退職・転職する人を「第二新卒」といいます。

この記事ではそんな第二新卒の皆さん向けに、おすすめの転職エージェントをご紹介します。
5~6分で読めますよ!

この記事でわかること

  • 第二新卒の転職事情がマンガですぐわかる
  • 第二新卒が登録すべき転職エージェントや転職サイトがわかる
  • 転職サイトと転職エージェントは使い分けると効率的
  • 転職エージェントは複数登録したほうが内定の可能性がアップする

\ 記事の途中に移動します /

でも、ボクなんて大した仕事任されたこともないのに
転職先で通用するとは到底思えないよ。
大丈夫!!第二新卒は完全な新卒者に比べて基本的な研修やスキルは習得しているとみなされるから、企業側も育成コストを削減できるって注目してるのよ。


⇒このマンガの続きはこちら

第二新卒におすすめの転職エージェント【比較一覧表】

とにかくオススメが早く知りたい!

そんな方はサクッとこちらからどうぞ。

大手総合転職エージェント【もちろん第二新卒でも利用可能】

求人数で選ぶおすすめ度
リクルートエージェント⇒詳細⇒公式サイト
doda(デューダ)⇒詳細⇒公式サイト
第二新卒に強い
マイナビエージェント⇒詳細⇒公式サイト
IT系に強み
ワークポート⇒詳細⇒公式サイト

第二新卒特化型転職エージェント

東京で仕事探したい!第二新卒特化がいい!
研修からガッツリサポートしてほしい!
書類選考なしで早く決めたい!そんな方にはこちら

おすすめ度
マイナビジョブ20’s⇒詳細⇒公式サイト
ハタラクティブ⇒詳細⇒公式サイト
第二新卒エージェントneo⇒詳細⇒公式サイト
ウズキャリ第二新卒⇒詳細⇒公式サイト
uzuz⇒詳細⇒公式サイト

第二新卒におすすめの転職サイト

まずは自分のペースで転職サイトから求人を探してみたい!そんな方には

おすすめ度
リクナビネクスト【NEXT】⇒詳細⇒公式サイト
ミイダス(miidas)⇒詳細⇒公式サイト
キャリコネ⇒詳細⇒公式サイト
第二新卒にニーズがあるのはわかったけど、転職なんて初めて。何から始めれば良いの?
そう!新卒の就職活動とは少し事情が違うから
これから第二新卒の転職エージェント・サイト選びのポイントを教えますね。

第二新卒の転職活動の進め方と成功のコツ

転職活動の進め方

転職活動は大きく分けて以下のステップで進められます。

  1. 自己分析
    自分の強み、キャリアプラン、転職の動機を明確にします。
  2. 市場調査
    業界動向や求人情報を収集し、自分のスキルが活かせる分野を探します。
  3. 書類準備
    履歴書や職務経歴書を作成し、応募する企業に合わせてカスタマイズします。
  4. 応募
    求人に応募し、面接の機会を得ます。
  5. 面接対策
    企業研究を深め、自己PRや志望動機を準備します。
  6. 内定と入社準備
    内定を受けた後は、退職手続きや新しい職場での準備を行います。

自己分析

自己分析は転職活動の出発点となります。自分の強み、弱み、価値観、キャリアの目標などを明確にすることで、どのような企業が自分に合っているかを見極めることができます。

自己分析を行う際には、過去の経験を振り返り、どのような仕事にやりがいを感じ、どのような環境で働きたいかを考えましょう1。

市場の理解

市場の理解は、自己分析に基づいて、どの業界や職種が自分のスキルや経験にマッチしているかを探るプロセスです。求人情報を収集し、業界の動向や求められるスキルセットを把握することが重要です。
また、転職エージェントを利用することで、未公開求人の情報を得たり、キャリアアドバイスを受けたりすることも有効です。

書類作成

履歴書や職務経歴書の作成は、自己PRのための重要なステップです。
これらの書類を通じて、自分の経験やスキル、成果を具体的にアピールし、企業に自分の価値を理解してもらう必要があります。特に職務経歴書では、過去の職務内容だけでなく、そこで得た成果や学びを具体的に記述することが求められます。

面接対策

面接では、自己分析の結果をもとにした自己PRと、企業研究に基づいた志望動機が重要になります。

面接官がチェックするポイントとしては、転職理由の真実性、会社や仕事への熱意、転職理由と働きたい理由の一貫性などが挙げられます。面接では、ポジティブな転職理由を伝えることで、面接官に良い印象を与えることができます。

第二新卒の転職理由と職場に伝えるポイント

第二新卒者が新たな職場を求める理由は多岐にわたりますが、主な転職理由・動機をいくつか紹介し、職場への伝え方のポイントも併せて解説します。

第二新卒の転職理由

新たなキャリアパスを求めて

第二新卒者が転職を考える最も一般的な理由の一つは、自分に合ったキャリアパスを見つけることです。新卒で入社した会社が思い描いていたキャリアと異なる場合、より適した業界や職種を求めて転職を決意する人が多いです。

スキルアップと自己実現

多くの第二新卒者は、さらなるスキルアップや専門知識を身につけたいと考えています。また、自分の能力を存分に発揮できる環境を求め、自己実現のために転職を選ぶ人もいます。

ワークライフバランスの改善

労働環境やワークライフバランスを重視する傾向にある第二新卒者は、働き方を改善するために転職を考えることがあります。特に、プライベートの時間を大切にしたい、ストレスの少ない職場を求めるなどの理由から転職をする人が増えています。

給与や待遇の向上

給与や待遇の向上も、転職を考える大きな動機の一つです。特に、第二新卒者は初めての職場での経験を活かし、より良い条件を求めて転職市場に出ることが多いです。

企業文化や人間関係の変化

企業文化や人間関係に不満を感じると、第二新卒者は転職を検討することがあります。新しい環境での人間関係の構築や、自分に合った企業文化を求めるために転職をする人もいます。

これらは第二新卒者が転職を考える主な理由の一部です。個々の状況や価値観によって、転職を決意する理由はさまざまです。重要なのは、自分にとって最適な選択をすることです。転職は自分のキャリアを形作る大きなステップなので、慎重に考え、計画的に行動することが求められます。

転職理由を職場に伝えるポイント

第二新卒者が転職理由を職場に伝える際は、以下のポイントを心掛けると良いでしょう。

正直かつ尊重を持って

自分の感じていることを正直に、しかし尊重を持って伝えます。個人的な攻撃や批判を避け、自分の成長やキャリアの目標に焦点を当てることが重要です。

具体的な理由

抽象的な表現を避け、具体的な転職理由を述べます。例えば、キャリアアップの機会が限られている、専門性を高めたい、ワークライフバランスを改善したいなどです。

感謝の意を表す

これまでの経験や学びに対して感謝の意を示し、ポジティブな印象を残すことが大切です。

プロフェッショナルな態度

転職の意向を伝える際は、プロフェッショナルな態度を保ちます。退職の意向を伝えるタイミングや方法にも配慮が必要です。

将来の関係を考える

今後も良好な関係を維持できるように、橋を焼かないようにします。ネットワーキングはキャリアにおいて重要な要素です。
これらのポイントを踏まえて、自分の転職理由を伝えることで、スムーズな退職と次のステップへの移行が可能になります。また、職場に対しても良い印象を残すことができるでしょう。

第二新卒者の転職のポイントを解説

第二新卒者が転職しやすいタイミング

第二新卒者とは、大学や専門学校を卒業してから数年以内の若手社員を指します。彼らが転職市場で有利になるタイミングは、以下のような状況で見られます。

1. 経験が浅い時期

第二新卒者は、経験が浅いため、企業が求めるポテンシャルや柔軟性を持っていると評価されやすいです。特に、初めての就職から3年以内は、第二新卒としての魅力が高まります。

2. 業界の採用活動が活発な時期

業界によっては、特定の時期に採用活動が活発になることがあります。例えば、IT業界では新技術の導入時期に人材を求める傾向があります。

3. 経済が好調な時期

経済が好調で企業の採用意欲が高まっている時期は、転職市場も活発になります。このような時期は、第二新卒者にとって転職しやすい環境が整っていると言えます。

4. 就職シーズン

新卒採用が行われる春や秋は、第二新卒者にとっても転職のチャンスです。新卒採用と同時に、経験者採用の動きも活発になるため、多くの選択肢が出てきます。

5. 自己成長が実感できた時期

自分のスキルや経験が一定レベルに達し、自信を持って次のステップに進めると感じた時は、転職に適したタイミングです。

第二新卒者が転職しやすいタイミングは、個々の状況や市場の動向によって異なります。しかし、上記のようなタイミングを見計らうことで、転職活動を有利に進めることができるでしょう。自分のキャリアプランに合わせて、最適なタイミングを見極めることが重要です。第二新卒者にとって、転職は新たな可能性への扉を開くステップとなります。

第二新卒の面接対策

面接は、第二新卒者が転職活動において直面する重要なステップです。以下のポイントを押さえることで、面接に臨む際の自信と準備を高めることができます。

自己分析を徹底する

強みと弱み: 自分の強みと弱みを明確にし、それをどのように仕事に活かせるかを考えます。
キャリアプラン: 短期的および長期的なキャリアプランを立て、それを面接官に伝えられるようにします。

志望動機を明確にする

企業研究志望する企業のビジョン、文化、製品やサービスについて研究し、自分がどのように貢献できるかを考えます。
適合性自分の価値観やスキルが企業の求める人材とどのように合致するかを具体的に述べます。

面接の形式に慣れる

模擬面接友人や家族に協力してもらい、模擬面接を行うことで、質問への回答を練習します。
質問リスト よくある面接の質問をリストアップし、それに対する答えを用意しておきます。

身だしなみとマナーを整える

服装企業の業種や文化に合わせた適切な服装を選びます。
振る舞い時間を守る、礼儀正しい言葉遣いをするなど、基本的なマナーを守ります。

質問には具体的に答える

事例を用いる 過去の経験や成果を具体的な事例として話すことで、自分の能力をアピールします。

STAR法Situation(状況)、Task(課題)、Action(行動)、Result(結果)の順に話すことで、答えに構造を持たせます。

終わり良ければ全て良し

感謝の意を示す面接の機会を与えてくれたことに対して、面接の最後に感謝の意を表します。
フォローアップ面接後に礼状を送るなど、積極的なフォローアップを行います。

これらの対策を踏まえ、第二新卒者は面接に臨むことで、自分の能力とポテンシャルを最大限にアピールし、成功につなげることができるでしょう。面接は、自分を知り、自分を表現する絶好の機会です。準備を怠らず、自信を持って挑みましょう。

第二新卒が転職を成功させるコツ

まず、大前提として最初にやることは転職エージェントに登録すること。

第二新卒が転職を成功させたいなら、転職サイトを眺めているだけでは効率よく進められません。

⇒転職エージェントと転職サイトの違いを詳しく

なんといっても第二新卒者にとって転職は初めての経験です。

転職のプロであるキャリアアドバイザーにサポートしてもらいながら転職活動を進めたほうが、一人で進めるより何倍も効率的なのです。

第二新卒が転職活動ですべき最初の3ステップ

転職活動を効率よく進めて内定を確実にもらうには、次の3ステップが重要だよ!
    1. 大手転職エージェントに登録する

    1. 専門分野に強い転職エージェントに登録

  1. 大手転職サイトに登録

1.大手転職エージェントに登録する

まず、最初にすべきことは大手の転職エージェントに登録すること。

理由は、圧倒的に求人数が多いからです。しかも大手ほど独自の非公開求人を保有していますので、求職者一人一人に合った職場を紹介してもらえる可能性の幅が広がるのです。

2.専門分野に強い転職エージェントに登録

目的に応じて中堅どころの転職エージェントにも登録しておきましょう。

特に、第二新卒なら「第二新卒特化」のエージェントに登録すれば、今のあなたに最も必要な転職のサポートをしてくれます。

3.大手転職サイトに登録

転職サイトも併せて登録しておくことで、万全の体制が整います。この場合も、求人数が多い大手の転職サイトにしましょう。

定期的にたくさんの求人情報が更新され、多くの企業の情報を見ることができるからです。

登録することによってスカウトメールが届いたり、適職診断テストが受けられることもメリットです。

大手エージェント・専門エージェント・転職サイトそれぞれ登録しておいたほうが良いということはお分かりいただけたと思います。では、次に具体的にどのようなポイントを押さえておけば良いかご説明しましょう。

第二新卒が登録すべき転職エージェント・転職サイトのポイント

d23

保有する求人数が多いこと

求人数が多いところは必ず押さえておくべき!

転職エージェント・サイトが保有する求人数が多いほど、単純に選択肢が広がる可能性がでてきます。
「総求人数」が大いに越したことはありません。しかし、やりたい仕事が決まっている人は「自分が希望する業界の求人数」にも目を向けてみましょう。

求人数で選ぶ⇒求人数が多い大手転職エージェント

得意とする地域や拠点の数をチェック

自分が住んでいる地域に対応しているかどうかは必ずチェック!

転職エージェントや転職サイトによってはすべての地域に対応していない場合もあります。

東京だけに拠点を構えている転職エージェントもあれば、全国の主要都市に満遍なく拠点を設けている転職エージェントもあります。
地元での就職を希望しているのであれば、住んでいる地域に拠点を設けている転職エージェントを活用したほうが良いでしょう。

東京の求人なら⇒⇒ハタラクティブ
全国の求人に強いのは⇒⇒doda(デューダ)

サポート、カウンセリング体制

第二新卒の転職はカウンセリングが重要!

こちらは転職エージェントの場合になりますが、転職エージェントによって転職希望者へのサポート、カウンセリング体制はさまざまです。
メールでのやり取りに終始する場合もあれば、専用の個室でエージェントとマンツーマンでのサポートを受けられる場合もあります。

電話やメールでも丁寧に手厚くカウンセリングしてくれるエージェントを選びたいものですね。

カウンセリングに定評があるのは⇒マイナビジョブ20’s

社会人経験が浅い人向けの研修・実習制度

異業種や未経験の職種に就きたいなら研修制度はおすすめ!

第二新卒向けのエージェントの中には、そのような経験の浅い人や未経験の方向けにじっくりと研修を行ってくれるところもあります。

入社後すぐにやめてしまった方、また、社会人経験のない既卒の方にはおすすめです。
無料の研修が受けられる⇒⇒【uzuzカレッジ】

第二新卒向け転職エージェントランキング【求人数で選ぶなら】

d21
まず求人数が圧倒的に多い大手の転職エージェントから紹介していきます。自分に合ったエージェントを見つけてみてくださいね。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント_公式
年代20代~30代雇用形態正社員・派遣社員
対象エリア全国(主に関東・関西中心)・海外もあり
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • 業界トップクラスの求人数
  • 好条件の非公開求人だけでも約10万件ある
  • 当サイトアンケートでも20代の若者が一番多く利用している転職エージェント

⇒おすすめ転職エージェント一覧に戻る

doda(デューダ)

doda(デューダ)

年代20代~30代雇用形態正社員・契約社員・その他
対象エリア全国(海外を含む)
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • 地方企業の求人が国内NO.1
  • 非常に高い利用満足度
  • キャリアアドバイザーの質がとにかく良い

⇒おすすめ転職エージェント一覧に戻る

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント
年代20代~30代(特に20代)雇用形態正社員
対象エリア全国(海外を含む)
業界(業種)IT・通信・インターネット機械・電気・素材等営業職医療系コンサルタント・監査法人・士業関連金融不動産クリエイティブ経営・企画・管理・事務販売・サービス建設設計・土木・プラント・設備等その他
おすすめ度

ポイント

  • 第二新卒の転職や初めての転職に強い!
  • 新卒就職サービスで培ってきた豊富なノウハウと実績
  • 書類選考や面接対策まできめ細かくサポート

⇒おすすめ転職エージェント一覧に戻る

ワークポート

ワークポート【IT系に強み】

年代20代~30代(特に20代)雇用形態正社員
対象エリア関東・関西・九州
職種プログラマーインフラエンジニアSEネットワークエンジニアサーバーエンジニアプロジェクトマネージャーフロントエンドエンジニア社内SEWebデザイナーWebディレクターUI・UXデザイナーアートディレクターグラフィックデザイナーゲームディレクターイラストレーターゲームプランナーその他
おすすめ度

ポイント

  • 最も多くの求職者を転職成功に導いたエージェント
  • IT・クリエイティブ関連の転職に強み
  • 未経験からのチャレンジもOK

⇒おすすめ転職エージェント一覧に戻る

第二新卒向け転職エージェントランキング【第二新卒特化型】

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’s【第二新卒の転職なら】

マイナビジョブ
年代20代雇用形態正社員・契約社員・その他
対象エリア全国
職種営業事務・管理・企画・経営販売・フード・アミューズメント美容・ブライダル・ホテル・交通WEB・インターネット・ゲームクリエイティブITエンジニア電気・電子・機械・半導体医療・食品・化学・素材建築・土木コンサルタント・金融・不動産専門職・士業医療・福祉保育・教育・通訳その他
おすすめ度

ポイント

  • 安心のマイナビグループ
  • 20代専門転職支援サービス
  • 専任キャリアアドバイザーによるサポート

⇒おすすめ転職エージェント一覧に戻る

ハタラクティブ【関東圏の第二新卒に】

ハタラクティブ

ハタラクティブ
年代20代雇用形態正社員
対象エリア関東圏(1都3県)
業界IT・通信流通人材・教育広告・マスコミメーカー建築・不動産営業事務WebデザイナーCADオペレーター施工管理倉庫内軽作業その他
おすすめ度

ポイント

  • 第二新卒など20代の若者の就職支援に尽力
  • アドバイザーは若年層専門のプロ
  • 厚労省の「若者キャリア応援制度」受託実績あり

⇒おすすめ転職エージェント一覧に戻る

第二新卒エージェントneo【未経験分野への挑戦なら】

第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneo
年代20代雇用形態正社員
対象エリア全国(海外を含む)
業界物流・運輸・倉庫賃貸・管理投資機械素材半導体・電子部品化学・薬品食品アパレル・繊維医療携帯店舗銀行・労金・信金・信組保険証券・投資システム・ネットワークWEB人材医療福祉ブライダル・美容その他
おすすめ度

ポイント

  • 20代に特化した転職エージェント
  • 未経験可能求人件数5000件以上
  • コンサルタントが一貫してサポート

⇒おすすめ転職エージェント一覧に戻る

ウズキャリ第二新卒

ウズキャリ第二新卒

ウズキャリ第二新卒
年代20代雇用形態正社員・契約社員・その他
対象エリア全国(海外を含む)
職種営業・企画インフラエンジニアSE・プログラマー事務技術(機械・電気電子・組み込み)コンサルタント技術(建設・プラント・土木・設備)総合職生産技術職WEBマーケティングその他
おすすめ度

ポイント

  • 個性を尊重したマッチング
  • 定着率93%!
  • ひとりひとりに向き合うキャリアカウンセリング

⇒おすすめ転職エージェント一覧に戻る

uzuzカレッジ【研修サービスなら!】

uzuzカレッジ

⇒おすすめ転職エージェント一覧に戻る

第二新卒向け転職サイトランキング

次は第二新卒にオススメの転職サイトを紹介するわ!
求人数が多い転職サイトに登録しておくと、選択範囲がぐっと広がるね!

圧倒的求人数!リクナビネクスト【NEXT】


第二新卒特集あり!!圧倒的求人数のリクナビネクスト【NEXT】で選択範囲を広げる!

リクナビNEXT

年代20代~40代雇用形態正社員・契約社員
対象エリア全国(主に関東・関西中心)・海外もあり
業界営業事務・管理企画・マーケティング・経営・管理職サービス・販売・外食Web・インターネット・ゲームクリエイティブ(メディア・アパレル・デザイン)専門職(コンサルタント・士業・金融・不動産)ITエンジニア(システム開発・SE・インフラ)エンジニア(機械・電気・電子・半導体・制御)素材・化学・食品・医薬品技術職建築・土木技術職技能工・設備・交通・運輸医療・福祉・介護教育・保育・公務員・農林水産・その他
おすすめ度

ポイント

  • 85%がリクナビNEXTのみでしか取り扱っていない限定求人
  • 第二新卒の検索で1562件の求人数
  • 自分の強みが分かる「グッドポイント診断」

⇒おすすめ転職エージェント一覧に戻る

ミイダス(miidas)【自分の市場価値を知る】

ミイダス(miidas)

miidas
提供パーソルキャリア転職サイトdoda
求人情報更新随時
miidasの特徴書類選考合格率:100%
オファーや求人紹介までの期間:登録直後
オファーメールの有効期間:制限なし
非公開求人:あり
求人掲載順:あなたへの興味が強い順
おすすめ度

ポイント

  • 自分の市場価値を知る事ができる
  • 書類選考を飛ばせるので第二新卒のアピールに有利
  • 大手パーソルキャリア運営で安心

⇒おすすめ転職エージェント一覧に戻る

キャリコネ【リアルな口コミをチェックできる】

キャリコネ

キャリコネ
年代20代~40代雇用形態正社員・契約社員・その他
対象エリア全国
業界IT・通信メーカー(電気・電子・機械系)メーカー(化学・素材・その他)商社系(電気・電子・機械系)商社系(総合商社・素材・医薬品他)流通・小売り系サービス系専門コンサル系マスコミ系金融・保険系不動産・建築系その他
おすすめ度

ポイント

  • 社員の口コミをチェックできる
  • エージェントのサービスもある
  • 給与明細や残業のデータもあり

⇒おすすめ転職エージェント一覧に戻る

第二新卒の転職 まとめ

第二新卒の転職まとめ

  • 第二新卒が初めての転職を成功させるには絶対転職エージェントに登録すべき
  • 転職エージェントは大手・第二新卒向けを掛け持ちで登録する
  • 転職サイトにも登録して常にアンテナを張り巡らせ可能性を広げておく

こちらの記事も読まれています